たにぐちクリニック

〒535-0013
大阪市旭区森小路2丁目3-27
サンハイツ1階
電話:06-6951-1717
Fax:06-6951-1857

診察時間
午前 9:00〜12:30
   (受付 12:00まで)
午後 4:30〜7:30
   (受付 7:15まで)
休診日
水曜午後・土曜午後・日曜・祝日

詳しい地図を見る

巻き爪

巻き爪は、足の爪(特に拇指)の爪が巻いている状態のことをいいます。

症状

拇指に起こることが多く、巻き込む形や深さによっては爪が皮膚に食い込んで炎症を起こすことがあり、その周囲に不良肉芽を伴います。そういった爪を陥入爪とよびます。

一般に湾曲爪は痛みを伴わず陥入爪は痛みを伴います。

治療

当院では陥入爪に対しての手術治療を行っています。

最近、ワイヤーによる矯正療法は痛みを避けたい患者さんには流行りですが、時間がかかるうえに再発の可能性が高く、保険治療の適応が無いなどの理由から当院ではおすすめしておりません。

出血や化膿している場合は早期に外科的治療が必要です。麻酔時には少しの痛みがありますが、それ以外ではほとんど苦痛なく手術できます。

その他

陥入爪を含む爪の変形には、白癬菌感染(水虫)が原因となる場合が多く、当院ではクレナフィン塗布薬による治療も行っています。